sさくら市、矢板市、宇都宮市で助手席や後部座席で事故に遭った

同乗者全員に保険が適用されます

保険は運転手だけに適用すると思ってしまい、 助手席や後部座席に座っていた方は「保険の適用がされないのでは?」と病院へ行かずに我慢してしまう方もいます。
しかし、 同乗者にも保険は適用されるのです。友達の車に乗っていたから言い出しにくい、などという方もいますが、被害者であれ、加害者であれ、自賠責保険が適用されると、支払うのはお友達ではなくて保険会社ですし、交通事故の怪我をそのままにしておくこと自体、健康を大きく損ない、自身の一生を左右してしまいます。
少しの痛みだからと我慢しないで、同乗者にも全員自賠責保険が適用できることを知っておいてください。
交通事故の怪我でもムチウチ症状に当てはまる方は特に一刻も早い対応が必要です。 ムチウチは後遺症が酷く、目に見えない症状なので認められにくいという特徴があります。
自賠責保険が適用されると治療費の自己負担はありません。
自賠責保険は交通事故後警察に人身事故の届け出をして、病院で診断を受けることにより、自賠責保険が適用します。

免許の点数の減点と保険は別モノです

交通事故後の症状はレントゲンに写らないことが多いです。

交通事故は注意していても起こることがあり、赤信号で車を止めている時でさえ、後ろの車から追突されることがあります。 車に乗っていること自体、常に危険があるということです。 追突による症状でも「ムチウチ」は心配です。 ムチウチになってしまうと様々な症状を引き起こし、慢性的な症状になってしまうケースがあります。 症状が悪化することもあるので、しっかりと改善しましょう。
交通事故の減点(加点)は交通事故の相手が病院へ行くことや、治療期間と関連していますが、車と車の場合や自損事故の同乗者と違ってきて、 同乗者に保険はしっかりと適用します。 任意保険に加入している方は人身傷害保険なども使用できるケースがありますので、是非、ご相談してください。

何よりもあなたが交通事故治療に通うこと、自分を大切にすることをオススメします。

運転手だけではなく、同乗者にも保険は適用します。

交通事故に遭った場合、運転手だけではなく、同乗者全員に自賠責保険は適用します。
不安を募らせるよりも、痛みがあるのなら病院へ行きましょう。 自賠責保険には治療費だけではなく、怪我をして会社にいけない間の通院日数に応じた休業補償や、通院の際の治療費や交通費、慰謝料も120万円を上限にあります。
自賠責保険でしっかりと適用しますので、活用しましょう。

慰謝料・保険について詳しくはこちら

まずは怪我を治すこと、後遺症のない身体を作ることに専念しましょう!
交通事故後のリハビリをさくら市交通事故治療でも行っています。

漫画で見る「助手席や後部座席で事故に遭った」

さくら市、矢板市、宇都宮市で事故の場合の漫画

お問い合わせはこちら!

交通事故・むちうちについてご相談ください

365日24時間対応

栃木県交通事故治療整骨院へのお問い合わせはこちら

交通事故専門ダイヤル028-681-2533メールでのお問い合わせ

うのはな整骨院

〒329-1312 栃木県さくら市櫻野1612

栃木県交通事故治療整骨院の地図へ

ページのトップに戻る